書置き

 

 

矛盾も戸惑いも愛せるようになれたらいいな。“愛する”なんて言葉、今の時代にはあまりにも陳腐なもののようにさえ感じるけれど、いまはこれでしか選べそうにないから。

 

少しずつ繋いで紡いで、自分の好みだけ、お気に入りだけになりたい。誰も傷付けないでいられたらそれが最高だけど、そんなことまだまだ難しそうで。でもこうして必要のないものは一度手放して、行けるところまで、やれるところまで。

 

きっと忘れたころには何もかもが変わってるよ。そのときを迎えに行く。