夜が過ぎてく

 

 

ずっと奥歯を噛みしめたまんまだったような気がする。笑うことも泣くこともあるみたいだ。好きな人の好きな言葉が流れてくるのがいやじゃない。流れにまかせてそのまんま、なにも考えずに、素直なまんまで。

 

そろそろ終わりにしようかなあ、なんて考えたりもしたけど、せっかく続けてきたんだからちゃんとね、続けますよ。読んでくれる人がいるの凄いことだと思うから。滅茶苦茶に落ち込んでる人が書く文章の方が、滅茶苦茶に元気な人の書く文章よりも、選ばれるような気がするよ。

 

真夜中は大したことないけど、夜明けは好き。素直でいたいね。