北北東に向けて

 

 

病院の待合室、乾いた上唇が萎れた気持ちにさせる。

 

毎日毎日忙しい。まだまだ終わらないと思っていたことが、終わった頃にはあっという間だったように感じたりして、憎たらしい。自分がやりたいと思っていたことも忘れたりして、本当に憎たらしい。

 

先のことばかり考えて今が見えてないんだろう。言霊っていうのがあるらしいけど、あんまり信用ならない。思考は体調に影響されると思うけど、思想はどうにもならない。苦悩するなよ、苦労しろよ。

 

運が良いような悪いような、はっきり言ってそんなの分からない。そもそもどうでもいいのかもしれない。ああ、こんなことばっかりだな。帰りたい場所も欲しいものもないな。けれど帰りたい、何かが欲しいんだ。