前夜

 

 

あの頃のあつい涙も、誰にも負けたくなかった好意も、醜くて儚い嫉妬も、暗闇の中で避けられた明りも、今の私にはもう要らない。

 

どうか見ててね。いつかいつかを目の前にする。