北北東に向けて

 

 

病院の待合室、乾いた上唇が萎れた気持ちにさせる。

 

毎日毎日忙しい。まだまだ終わらないと思っていたことが、終わった頃にはあっという間だったように感じたりして、憎たらしい。自分がやりたいと思っていたことも忘れたりして、本当に憎たらしい。

 

先のことばかり考えて今が見えてないんだろう。言霊っていうのがあるらしいけど、あんまり信用ならない。思考は体調に影響されると思うけど、思想はどうにもならない。苦悩するなよ、苦労しろよ。

 

運が良いような悪いような、はっきり言ってそんなの分からない。そもそもどうでもいいのかもしれない。ああ、こんなことばっかりだな。帰りたい場所も欲しいものもないな。けれど帰りたい、何かが欲しいんだ。

 

 

 

オサめる

 

 

 

新しい壁ができる音がする。毎日色んなものに出会って色んな思いをする。調子に乗ったり落ち込んだりして、よく眠る。

 

 

どん底まで落ちたり、ソラまで突き抜けたり、お得意の「0か100か」で過ごしてる。疲れるヤツだし、めんどくさいヤツだ。どん底にいると、言葉がひとつも浮かんでこない。自分の思考も、感情さえ言葉にできない。そしてまた落ち込む。体調も崩す。なんの結果も出せない。むかつく、それに哀しい。

 

 

ひとつの問いにひとつの答えが返ってくるとは限らないらしい。いくつも結果が出ることもあれば、なんの結果も得られないこともある。結果が出ると見せかけてなんにも無かったこともあるし、なんにも無いと見せかけていつかの答えになって出てきたりすることもある。むかつく、けど面白い。

 

 

好きなものをだいじにだいじにしていたいから、守ってあげたい。わりと考えなくても、というか、“どうでもいいもの”にしてもいいことっていうのは多いらしい。いらないものを捨てれば必要なものもいれられる。そうでもないものもいれておけばいい。そうしてどんどん片付けて、いつか満足するのかもしれない。

 

 

まだまだ時間が足りない。苦労も足りない。まだまだ。

 

 

 

 

北北西に向けて

 

 

あれもイヤ これもイヤ 繰り返し

言葉にならない 虚しい苛立ち

今までなにやってきたんだよ、ばか

苦悩ばかりして苦労しないで、ばか

好きなものも忘れた 欲しいものもなくした

それがいちばん悲しいよ

怒って怒って怒って怒って不安になる

泣いて泣いて泣いて泣いて独りになる

誰かと一緒だといい 誰かと一緒なんてイヤ

眠る起きる外に出る中に入る眠る起きる

救われたい名前が分からない

 

 

 

『放課後のがーるず』

 

 

『ハロー、私です。元気にしてる?すっかり久しぶりになっちゃったね。私は元気。雪がとけて、もう少しで春ですね。駐車場のすみに、泥をかぶって真っ黒になったちっちゃい雪山があって、それを見るとなんだかヘンな気持ちになるよ。春風はハダがカサつくし、ハナもかゆくなるしであんまり好きじゃないけど、ちょっとニヤけてる私がいます。新しい仕事はまあまあかな。キライじゃないよ。休みの日には映画を観たり、友達とライヴハウスへ行くの。ブチあがって、そのまま朝まで飲み歩きなんていつものこと。次の日は大抵ボロボロだけどね。やめらんないの。今だけよ。この前ね、友達に、「あんたっていつも笑ってるわね」って言われたんだ。そんなことない。ホントは弱っちいのよ、私。あんたなら分かるでしょ?よく一緒に教室で泣いたっけ。あんな風に笑って泣いて、そういう思い出みたいなやつが、今の私を支えてくれてる。ちょっと恥ずかしいけどさ、ありがとね。特に大事な報告なんてないの。ただそれだけ伝えたくて。あ、あとね、私ちゃんとするのやめたの。いつもどこかで思ってた。ちゃんとしなきゃ、って。でも正直、ちゃんとする、って分からない。分からないことやろうったってムリよね。もう子どもじゃないよ。でも、まだまだ大人になれなさそう。ガンバるよ。ねえ、ちゃんとご飯食べてる?なんて、母親みたいでダサいかな。でも心配。返事ちょーだいね。』

 

 

ミス・大丈夫

 

 

たましいの剪定が上手い人、というのがいる。それは本人が自分自身に行うこともあれば、他人にほどこすものでもあって、私はそういう人が本当に好きだ。

 

例えば、新しい環境に飛び込んで不安だらけの毎日を送っていたとする。ミスしたらどうしよう、いつか大きなコトをドカンとやらかすかもしれない。そう不安に思っていることを口に出したとき、「やらかしていいよ」「くり返さなきゃいいだけなんだから」、そんなふうに笑って言ってくれる人がいたら、あっという間にたましいは剪定される。

 

冷静に、客観的にみるとこれはなんの解決にもなってはいないんだけど、なんだか"ゆるされている"ような感覚になる。大丈夫かもしれないと思える。心をかるくしたり、反対に、深く考えることができたりする。重量のちがいに問わない。だから"剪定"。

 

好きなモノが言葉にならないということは多々あって、それを「あい」だとか「うんめい」だとかで表すことがある。それらはすべて、自分のたましいが剪定されるモノだということ。あたたかい気持ちや、やさしい気持ちになるということ。みえない力があるような、ひきつけられるような感覚になるということ。

 

こんなこと考えている人いないよね。そうしてちょっと恥ずかしい気持ちになったりもするけど、べつにかまわない。思考なんて誰にも見えない。けれど思考は必ず行動につながるし、行動は必ず結果につながる。人にみられるということを軽視してはいけないし、重視しすぎてもいけない。大切にするのは自分自身の心の剪定だ。

 

ゆるしてね。大丈夫だよ。

 

 

 

だから今夜だけは

 

 

他人の言動に踊らされてるのは自分なんじゃないかしら。相手の手の平で転がって、手軽になってるのは自分なんじゃないかしら。

 

分からないことばかり考えたってダメだ。手持ち無沙汰で悩んじゃダメだ。美味しいご飯を食べて、ゆっくりお風呂に浸かって、あっさり眠る。それだけで大丈夫だし、特に問題ない。

 

毎日丁寧でいられたらもっといいな。笑顔ばかりで、明るさが続いて、毎日ご機嫌でいられたら、もっともっといいな。

 

明日があるから、眠るよ。

 

 

 

長目

 

 

体調不良で絶不調、絶賛思考停止中。何も考えられなくて、目の前のことをただひたすらにやるのみ。大抵のことは好い加減で良いけど、健康にだけは気を遣おうと決めた。

 

社会に出る寸前、やってみたかったことやってみよう体勢。やる気は一瞬で跳ね上がるし、今まで悩んでいたことは大したことじゃないんだと思えて便利。それはつまり自分の実力が大したことないということでもあるんだけど、これからどうにかするので心配しないで。

 

心身ともに健康でいること、暇を持て余さないこと、割と難しいなと思うハタチ。はじめるでもやめるでもなくて、つづけることが大事なんだ。

 

重要なのは最初じゃなくて、最後だよ。