愛よって雪の女王も言ってた

 

 

 ああ、私は土俵にあがれてもいないのだ、と思う。

 

 

 今年の1月末から始めたこのブログは、気付けば開設して半年以上が経ち、記事の数も50件を超えた。世間一般の“ブログ”の意義だとか、そういうものはよく分からない。むしろ、分からなかったから始めた。だって、『思いは言葉に。』ですから。その言葉にまんまと乗っかってしまった。

 

 気付けば社会に出て半年近くが経つ。なんとなく浮き足だっていた学生時代とは、全く違う。というか、違うようになってしまった。保険がどうとか雇用がどうとか、お小遣いは貯蓄に変わり、現実が浮き彫りになるというか、生活が冷たくなっていくような感じ。

 

 もう、逃げたくて逃げたくてたまらない。向いてないなあ、とか、才能ないんだろうなあ、とか考えて、身も心も自ら捩っているような気がする。実際そうだ。

 

 学生の頃からよく思っていたのは、「みんなどうやって生きてんの?」ということ。勉強でも、労働でも、恋愛でも。誰かの真似でもいいから、どうにかして救われたいと思っていた。よくある「誰かと一緒はイヤ」みたいな気持ちがないこともなかったけれど、そんなことより救われたかった。捨てていないようで、プライドなんてとっくにゴミになっていたと思う。

 

 地元を出て、久しぶりに会った人たちはみんなあたたかかった。距離が離れているからこそ愛おしい、っていうのもあるんだろうけど。でもそのおかげで、今側にいてくれる人たちの必要さが分かる。優しさも分かる。大切にしたいと思う。

 

 とっとと幸せになろ、くらいの気持ちでいればいいんだと思う。働いて、お金をもらって、好きな人に会う。美味しいものを食べる。なんにも頑張りたくない。頑張れとも言いたくないし、言われたくもない。ただ、楽しいことや好きなことには全ての力も、時間も、愛も注ぎたいわけです。それが世間一般の“努力”なのかもしれないけど、そんなことに振り向くのは野暮な気がするのだ。

 

 愛がない人になるのだけは御免だ。それだけはずっと揺るがない。無意識に人を傷つけたり、知らず知らずにあらゆる暴力を振っている人間は山ほどいるし、もしかしたら、私もそのうちの1人なのかもしれない。それが酷く悲しいのだ。でも、このままだときっと、私は確実にそうなる。

 

 あとに戻れなくなる前に、今やるべきことを。傷つけられたら泣いてもいい。ちゃんとしなきゃと思っているのにちゃんと出来ないのは、私が私を悲しくさせているからだ。甘いね、ダメだね、全然でしょ、そう言われることが分かっている。このままだと本当に冷えて、動けなくなってしまう。救ってあげるからね。

 

 

 

ずっと

 

 

ばかにされるのを承知で言うと、私は本当に“ずっと”を信じているタチだ。ずっと好き、ずっと大切、ずっと必要、ずっと変わらない。大人に括られる年齢になって、そんなことない、なんてことは重々分かっているし、実際に“ずっと”続かないことだってあったのに。

 

でも信じたいんだと思う。それでも好きでいたい、大切にしたい、必要としていたい、変わらずにいたい、本当に、心の底から。

 

基本的にネガティヴで、頑なで、ダメなところばかりだ。そんな私をそう思わせてくれる人やものがあって、だから私はそこに全力を掛けたい。何度も何度も逃げたいと思ってきたけど、もう大丈夫だって、笑うよ。

 

 

 

酔っ払ってるのよね、だって今日はいい日だったからさ。これからも宜しくね。

 

 

 

 

TITLE

 

 

ただひたすら一日をやり過ごすのに精一杯。直感さえ疑ってかかったりする。そんなことしたって無駄だ。まわりが変えてくれることばかり期待してるのよ。これほどつまらないことはない。愛もない。

 

やったって、話したって、会ったって、駄目だ。眉間に皺を寄せて眠る毎日。疲れたな、辞めたいな、捨てたいな。あの一本の糸が指に食い込むほど張り詰めるような瞬間が、死ぬほど嫌だ。ああ、キライだな、と思う。

 

何かをこなすようになることが嫌じゃないんだから、もっと肩の力を抜いて、別の方法で、違う道で。それから、もっともっと文章が書きたい。

 

 

 

たより

 

 

顔の皮膚が薄い人 色気を纏う鼻 骨ぼねしい手 肩幅の広い後姿 地球儀 花束 テディベア

 

アイロンかけたての服のにおい 布団を掛けなおしてくれる真夜中 卵焼きの音と味 

 

泣き出す瞬間に突き出る下唇 ミルクセーキみたいなにおい 軽々と膝に乗る体重 綿毛みたいな茶色の髪

 

私のことしか見てない島 自然さ 素直さ 純粋さ 迷わずこのままずっと このまま

 

365日、調子が良いことなんてないのよ

 

 

迷わずこのままずっと、このまま

 

 

 

ブルー・ライト

 

 

くそったれ、とか、ふざけんな、と思うことがよくある。それは大抵顔に出てい(る気がし)て、勝手にひとりで落ち込んだりする。抑圧してるのか、されてるのか。自分でも分からないんだけど。

あーしんどい、とか、疲れたーとか言ってもさ、何も言わないでほしい。しいて言われるとするなら、おつかれー、だけでいい。そんでその後はどうでもいい話してほしい。そしたら私もどうでもよさそうに聞くから。だから、どうでもいい話をしてほしい。大したことじゃない、なんの意味もないことでいいから。

考えてないようで考えてるし、考えてるようで考えられてない。上澄みだけ、表面だけ。中身なんて空っぽのまんまだ。そんな時に染みるのは、あっつい日に食べるうっすい味のアイスだったり、何気なくはじまった長電話だったりする。真夜中の海とか、夜景スポットとか、そんなね、わざわざ出向かなくたっていいのよ。手軽で、気軽なやつがいい。

全部捨てたいと思うこともよくある。大きめの鞄に、段ボール1つ分くらいの荷物があればいい。絶対的に必要なものなんてあんまりないし、なくてもいいものばっかりだ。もっと気楽でいられたらいいのに。

何をみても、きいても、つまらない気がする。そんな時間の中にいる。なんとなくねむい感覚というか、ういてる感覚。休日はあっという間に過ぎるし、その上疲れる。動いても、動かなくても疲れる。乾いてるんだよな。

画面がまぶしい。

 

 

 

 

 

全然書いてませんが、それなりに元気です。お酒飲んだり、真夜中まで出歩いたり、昨日は花火もみたよ。嫌なことや哀しいこともあったけど、本当にそれなりです。

 

けどやっぱり好きなことややりたいことがしたいと思って、自分なりに模索して、やっとねらいが具体的になりました。思い立ったら即行動したい性格だったのに、現実ばっかりみていたら物凄く戸惑うようになってた。誠実さや直感なんてあったもんじゃなかった。

 

不安しかないっていうのは仕方が無くて、選択を正解にしていくことだけが自分にできることなんだとつくづく思います。だから今の自分がやるべきは選択のみなんだとも思う。このまま留まっているのなんて御免だ。無駄になってもいいから、やってみたい。そうしてちゃんと続けてみたい。きっと踏み出しちゃえばどうってことないから、今すぐにでも。

 

離れていくものや捨てていくものは多いし、離されることも捨てられるものも多い。哀しんでる暇はそんなにない。知らず知らず離されて捨てられたものは、今までだってあったんだと思う。でもそっちはもうみなくていいよ。時間が切れて、手遅れになる前に、今やりたいことを。

 

 

どんどんありきたりなものになっているような気がするけど、今はこれが精一杯。

 

 

 

いつまでたっても

 

 

愛読書が10冊以上ある人が羨ましい。私もそうなりたい、切実に。5、6年ぶりに図書館に行ったらなんとなく新鮮な気持ちになりました。

 

 

他人のことばっかり羨ましくって、悔しいのに嬉しいような気持ち。だって元気だってことでしょ。まだまだ余力があるってことでしょ。期待してるなんて格好つけたことは言えないけど、悪くないんじゃないかなと思います。

 

貴方の文章を読むと元気になるよ、って言ってくれる人がほんの少しでもいるだけで、書きたい気持ちは続きます。ずっとずっと続きます。私が続けたいだけかもしれないけど、追い風になることには変わりない。寒いことして、恥ずかしいことしてなんぼ。

 

ドキドキしてたいんだ。タイトルはここに続きます。このブログもまだまだ続きます。なんとなく大人になる前に。